2011年06月19日

Juniverse& 日本の無宗教性

宗教学者の島田裕己氏の著書「無宗教こそ日本人の宗教である」(角川書店)という本があります。

日本人が誕生、結婚、正月、葬式などにおいてとる行動様式が外国特に一神教のキリスト教、イスラム教世界からみると奇妙奇天烈に感じられることや一般人が「あなたの宗教は?」と問われた際に「特にありません」とか無宗教と答えることなどに対し、そうではなく、そこには歴史的に育まれて来た日本人独特の思考様式があることを認め、宗教的価値観信仰の違いから戦争や紛争が起こって来たことなどに対して、
何でも受け入れたりする日本人の宗教文化に積極的意義を見出そうと評価しています。

筆者は、昔受験勉強の頃、加藤周一の「日本の文明史的位置」という本の中だったか、戦後発表した「日本 雑種文化論」にひどく共感を覚え、文化人類学を専攻しようと考えるきっかけともなった文化論がありました。日本に歴史的に培われて来た独特の文化の中に、更に明治以後西洋文化文明の成果が切り離せない状態にまで入り込み、なんだか雑種のような様相を呈しているが、そこに独特の価値を認めて行こうといった論旨だったように思います。

筆者も日本人または日本文化は、骨のないイカ、たこのような無脊椎文化 骨無し人間のようにも一部思っていました。これも偏見ですが、上記の如く、神道文化も仏教文化もキリスト教文化も一人の人間の中にごちゃまぜのようになっていて、原則原理のない人生観の持ち主のように一般日本人を考えていました。ところが、島田氏の論は、無宗教のように見えて、ちゃんと判断された評価できる筋があると言います。「和をもって尊しとせよ」という聖徳太子の十七条憲法の精神が現代にも生きているその日本人と日本文化がこれからの世界の平和に貢献するものがあるとの意見に頷くものがあります。

こうした和の心をもつ日本ですが、深いところに柱か原理となるものがあって初めて本当に日本文化や日本が世界の平和の砦になる道が芽生えるのではないかと思っています。その原理とはなんでしょうか? 日本は海に囲まれた自然豊かな和の女性性の文化だとすれば、他方に男性的 骨格的文化の価値と相対する必要があるのではないでしょうか? 統一の原理 これが結論にしたい。




posted by バーナードショー at 18:51| Comment(0) | 宗教を学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。