2011年07月16日

宗教の彼岸性と此岸性

宗教とは何か?と言った難しい問題に対して、神 仏を教え、あの世があることを教えることによってこの世に生きる人生のあり方を説くものだというのは、そう間違ってはいない答えだと思いますが、別に、そうした事も含めていわば内的(無形のといっても良く)真理を探求する道であり、プロセスだとも思えます。従って、信仰をもつことが目的ではなく、信仰によって真理たるものを把握 直観してその実現を計ることに人生の意義があるかと思います。

そこで、宗教学者というか仏教者である「ひろ さちや」氏が書いた本で「仏教講義」ー現代の課題に応える 法蔵館 という著書があります。現代の課題に応える と副題がついていますが、本当に著者が言いたいのは、そんな現代という一時代の この世の問題になんか 答えるものではない!喝!と言っています。氏の主張は誠に快く響くものです。本人も書いているように、宗教学者なり多くの仏教者自身すら
世の中の諸々の価値判断に立って諸問題に対応しようとしている姿をばっさり 切っています。宗教には彼岸宗教と此岸宗教があり、仏教やキリスト教イスラム教は彼岸宗教で、神道や儒教が此岸宗教で、後者こそこの世にあって人の心得とか道徳的態度や自然へ向かうものだと。
従って、仏教があれこれのこの世の常識的価値観に立ってものを言うものではない、と断言しています。何かが役に立つ とか 生きて行く上で立身出世やこの世の栄達に関わるようなものは一切仏教的思考ではない、と言うのです。ひろ さちや氏は大乗仏教の立場に立っていますが、統一原理から見れば、ちょっと違っているのです。彼は釈迦を人間ではなく、仏と見るべきとしています。大乗仏教をしっかりと保持しています。人間 釈迦を見てはいませんし、そうではないと言い切ります。 成る程と或る面私も賛成します。大乗仏教の大乗化した所以はそこに求めなくては成らないと同感です。空だの無だのが本質ではない。しかし、真実は、人間 釈迦牟尼仏で、霊界に歴然としておられる霊人 釈迦がいます。大乗仏教としては、徹底してそれで良いのですが、仏その自体ではありません。超越した無形の光的存在ではありません。それは、霊界にいけば分かることです。

今日の話はそういうことではなく、問題はあるにしても、全く持って大乗仏教の 大乗仏教たる所以をばっさりと明快に述べていることに
私は快い感じをもつのです。

キリスト教は、この世の完成宗教であるべきだったのですが、ユダヤ人の不信仰のために イエス様は霊的魂の救いのみ可能な道を残して行かれたので、彼岸宗教になってしまったことは ひろ さちや氏はご存知ないのですが、それは別に論じる必要があることにして、
兎に角、おおくの僧侶や仏教学者とは一味違った より本質的宗教観をお持ちのようだと関心をむけました。

具体的に 氏の内容に触れていこうと思います。次回から。






posted by バーナードショー at 23:35| Comment(5) | 宗教を学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。