2011年04月19日

宗教の壁 教派の壁を除こう

世界においても日本国内においても宗教はそれぞれ壁をもっています。ある意味それは当然のことでもあります。それぞれの教えと組織を持ちますから、それらが一つの性格と姿を作ります。そうしたことが長く続きそれぞれの伝統になります。仏教の中でも様々な宗派があり、全国組織もあります。
他の宗派の発展に利するようなことは敢えてはしません、交流はしてもです。イエス様の時代もお釈迦様の時代もマホメットの時代も他の宗教があり、そうした信徒あるいは教団から迫害もされました。人間の集団は愚かでもあります。天とか仏とか神とか呼び方や考え方はどうであれ、「超越存在」として畏敬し敬意を払う主たる存在が、宗教団体を作って他者と対抗し、益して信仰の違いによって迫害したり戦争に至るなどは、願うはずもないのに現実に歴史的に起こってきたことは否定のしようも無いことです。

それぞれの創始者ですら願わないにも関わらず、弟子達その後の信者達は何を間違って、そうした争いをするのでしょうか?また、協力と理解し合い、疎通しあわないのでしょうか?

もし現代に宗教の大いなる平和への役割を果たすとするならば、こうした垣根のような障壁を取り払って、互いに行き来し、説教も礼拝も互いに出かけていって、教会において僧侶が、お寺で牧師が、神社で神父が来て礼拝なり、葬祭などをするとするならば、人々の眼ももっと開かれ、そうした地道な努力が平和への基礎を築くことになると信じます。

そして、学者達は各宗教宗派の教理の違いと似た面を理解し、橋をかける研究と実践が必要です。
私は多くのお寺を訪ね歩きましたが、平日はほとんどそのお堂は寂しくがらんとして、使われていませんでした。葬式や法事の時だけのためのお寺であってはいけません。開放的お寺で、いつでも個人が家庭が礼拝できるお堂でなければいけないはずですが、安全の為かお堂は閉じており、仏様は仏壇にはおられないことをはっきりと感じさせてくれます。教会はどうでしょうか?お坊さんを招いて
その語ることに門を開いているでしょうか? そんな話は聞いたことがありません。
何故、そんな壁を作っているのでしょうか?それが神 仏の心でしょうか? 違います。「神も仏もあったものか!」と災害や苦難に合った時に言いますが、そうです。神とか仏とかの違いは無いのです。神も仏もあったものではないのです。同じなのです。しかいs、仏として理解しやすい人は仏で良いのです。神様と言いたい人は神様で良いのです。区別なし!

教会にお坊さんを招こう! お寺のお堂に牧師神父さんを招こう! これが今日のテーマです。
posted by バーナードショー at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。